本文へ移動

学寮プログラム

開催プログラム

被爆者の話を聴く

毎年国際理解プログラムの一環として、現在と未来を生きるために広島・長崎で被爆された方の証言に傾聴し、過去の歴史の教訓を心に刻み付け、反核・平和の大切さと必要を共に学びたいと願い、開催しています。これまでのこの集いに参加した留学生・研究員たちは皆、大きなインパクトと共に深い感銘を受け、帰国後の研究や仕事のみならず平和と和解のために駆らなず役立ててくれるものと信じています。 

鎌倉フィールドトリップ

文化交流プログラムの一環として、鎌倉の名所はもちろん日本聖公会ミカエル教会を訪ねました。昭和8年に建設された見事な技巧の天井や家具、照明器具などがそのまま残っています。教会夫人に夜リードオルガンの素敵な音色に包まれ豊かな時間を過ごしました。

イベント情報

TOPへ戻る